質問

神戸市で設置を始めている、3種類のナビタグについて、長所や短所、問題や課題などを知りたいです。また、これが全国に普及していくものなのか教えてください

回答

まずは私が感じている長所と短所のそれぞれをご紹介します。

①shikAI

<長所>
・コードのカメラ認識率がすごく良い
・白杖、単独歩行ができれば目的地までたどり着ける
<短所>
・点字ブロックが無いと誘導が難しくなる
・足元にコードを貼り付けるのが大変

②NaviLens

<長所>
・カメラの認識率が良い
・コードまでの距離がわかる
・足元だけではなく、壁や天井にもコードを貼ることができる
・スペインやアメリカでは、公共交通機関の時刻表のシステムに同期できる
<短所>
・どこにでも貼ることができるので、ルールを決めないとコードを探すのが大変

③コード化点字ブロック(アプリ名:Walk & Mobile

<長所>
・視覚障害者のためだけに作られていない
・石川市では商店街の案内でも使われている
・白杖歩行ができれば、目的地にたどり着ける
<短所>
・コードのカメラ認識率が他の2つに比べると課題

すべてのアプリに長所、短所があるものです。どのアプリにしても導入コストはそれなりにかかります
また、アプリを起動しながら歩くので、歩きスマホの問題もあります。アプリを使って歩くための歩行訓練もこれから必要になるのかなとも思います。

【2024年5月公開 No.23】
おすすめの記事