理事のご紹介

代表理事 三宅養三


  • 1942(昭和17)年生まれ。
  • 1967(昭和42)年に名古屋大学医学部を卒業し、翌年、名古屋大学眼科入局。
  • 1976(昭和51)年から米国ハーバード大学に3年間留学。
  • 1986(昭和61)年に名古屋大学眼科助教授、1997(平成9)年から名古屋大学眼科教授を務める。
  • 2005(平成17)年に国立感覚器センター所長に就任。
  • 2007(平成19)年に愛知医科大学理事、2009(平成21)年に愛知医科大学副理事長、そして2010(平成22)年より理事長に。網膜機能研究の国際的権威。
  • 2000(平成12)年より4年間、国際臨床視覚電気生理学会(ISCEV)の理事長を務めた。
  • 三宅病の発見など多くの業績を残し、多数の国際賞を受賞。

理事 髙橋政代


  • 理化学研究所 生命機能科学研究センター
    網膜再生医療研究開発プロジェクト 客員主管研究員
  • 株式会社ビジョンケア 代表取締役社長
  • 神戸アイセンター病院 非常勤医師

理事 中邑賢龍


  • 東京大学 先端科学技術研究センター 教授

理事 栗本康夫

  • 神戸アイセンター病院 院長
  • 理化学研究所 網膜再生医療研究開発プロジェクト 客員研究員
  • 京都大学医学部 臨床教授
  • 神戸大学医学部 臨床教授

理事 仲泊 聡


理事 仲泊 聡の写真

  • 理化学研究所 生命機能科学研究センター 網膜再生医療研究開発プロジェクト 上級研究員
  • 神戸アイセンター病院 非常勤医師
  • 東京慈恵会医科大学 眼科学講座 准教授

理事 大胡田誠


  • 2006年司法試験合格
  • おおごだ法律事務所 代表弁護士

理事 初瀬勇輔


  • 株式会社ユニバーサルスタイル 代表取締役
  • JPC(日本パラリンピック委員会)運営委員
  • NPO法人日本視覚障害者柔道連盟 理事
  • 一般社団法人日本パラリンピアンズ協会 理事

理事 三宅 琢


理事 三宅 琢の写真

    • 東京大学 未来ビジョン研究センター  客員研究員
    • 東京大学 先端科学技術研究センター  客員研究員
    • 東京医科大学 眼科学教室
    • 産業医科大学 作業関連疾患予防学
    • 一般社団法人産業医ラウンジ

理事 福場 将太


理事 福場 将太の写真

  • 広島県出身。東京医科大学卒。
  • 2006年に精神科医として北海道の『医療法人 風のすずらん会』に着任。
  • 現在は美唄すずらんクリニックの副院長、江別すずらん病院の非常勤医として勤務。
  • 外来・病棟の診療業務の他に、依存症回復プログラムや就労支援プログラムの集団療法を担当。
  • ライフワークとしては音楽と小説の創作活動を中学時代より継続。
  • 2007年には嘉門タツオ氏のCDに作詞参加。
  • 2018年より視覚障害当事者としての講演や執筆活動も開始。
  • 公式サイト:
     MICRO WORLD PRESENTS

理事 白根 雅子

理事 白根雅子の写真

  • 1983.3 広島大学 医学部卒業
  •     広島大学医学部 眼科学教室 入局
  • 1985.4 カナダ トロント大学・眼科学教室留学
  •     Toronto General HospitalにてClinical fellow
  • 1987.8 JR広島病院 眼科部長
  • 1993.10 しらね眼科 院長
  •     広島市総合リハビリテーションセンター病院 眼科非常勤医師 兼任
  • 【資格等】

  • 医学博士
  • 日本眼科学会専門医
  • 【役職】

  • 公益社団法人日本眼科医会 会長
  • 公益財団法人ひろしまドナーバンク 監事

理事 若宮 正子

理事 若宮正子の写真

  • NPOブロードバンドスクール協会 理事、メロウ倶楽部 副会長、熱中小学校教諭
  • エクセルアートの創始者。
  • 1935年4月19日生。 高校卒業後、三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)に定年まで勤務。
  • 58歳からパソコンを独学で習得。
  • 2017年 ゲームアプリ「hinadan」を公開。これにより米国アップル社CEOよりWWDCに特別招待された。
  • 2017年より数々の政府主催会議の構成員を勤める。
  • 2018年 国連社会開発委員会のイベントで講演。
  • 2020年 国連人口基金のイベントで講演。
  • 著書 「老いてこそデジタルを。」他。

理事 竹中 ナミ

理事 竹中ナミの写真

  • 社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長
  • 1948年兵庫県神戸市生まれ。神戸市立本山中学校卒。
  • 重症心身障がいの長女(現在48歳)を授かったことから、独学で障がい児医療・福祉・教育を学ぶ。
  • 1991年、草の根のグループとしてプロップ・ステーションを発足、98年厚生大臣認可の社会福祉法人格を取得、理事長に。
  • ICTを駆使してチャレンジド(障がいを持つ人の可能性に着目した、新しい米語)の自立と社会参画、
  • とりわけ就労の促進を支援する活動を続けている。
  • 「チャレンジドを納税者にできる日本」をスローガンに、95年よりチャレンジド・ジャパン・フォーラム(CJF)国際会議を主宰。

理事 原田 敦史

理事 原田敦史の写真

  • 全国視覚障害者情報提供施設 理事
  • きんきビジョンサポート 事務局長
  • 社会福祉士・歩行訓練士

顧問 金子 裕


理事 金子 裕の写真

  • 株式会社 Life Design Application 代表取締役
  • 一般社団法人Artrates 代表理事
  • 日本財団ボランティアサポートセンター アドバイザー