ロービジョンケアフロアの運営

平成29年秋、神戸アイセンター2階にロービジョンケアフロアとして、「Vision Park(ビジョンパーク)」をオープンします。

ビジョンパークは、リハビリ、展示スペース、セミナーや就業支援を行うホールを兼ねた空間ですが、眼科を訪れる患者さんやそのご家族だけでなく、見えない・見えにくいことでお困りの方、一般市民の方、企業の方、医療、福祉、教育など様々な専門分野の方が集うことができる場所です。

私たちは、ここ神戸から視覚障害に対する意識を変え、誰もが暮らしやすい社会に変えていきたいと考えています。現在、その実現のために、情報発信と中継拠点としてのビジョンパークを、どういう場所にすればよいのかを日々検討しています。

おしゃべり、読書、趣味やスポーツを楽しむこと、情報の収集、学習、便利な道具の発見など、ビジョンパークで何をするかは、みなさん次第です。

みなさんは、ビジョンパークから社会を変える力を持っています。
ビジョンには視機能という意味だけでなく、将来の夢や展望という意味があります。私たちは、すべてのビジョンをサポートするために、自由で発展的な空間づくりを目指します。

ぜひ、みなさんも一緒にビジョンパークから暮らしやすい社会をつくっていきましょう。


神戸アイセンター完成予想図


神戸アイセンター2階ロービジョンケアフロア「ビジョンパーク」完成予想図